婚活パーティーは、参加年齢とパーティースタイルに注目!

女性が婚活パーティーを選ぶときのポイントはズバリ参加年齢とパーティーのスタイルです。一つ目の年齢。できる限り自分が女性参加者のなかで、年齢が若い方になるように選びましょう。例えば、31歳女性の場合、25歳~35歳参加可のものより30歳~40歳参加可のパーティーを選ぶ方が、カップル成立の可能性はグッと上がります。特に婚活においては、悲しいですが女性は若ければ若いほど良いので・・・。

 

二つ目のパーティーのスタイル。次々と回転寿司のように話すタイプ、フリータイムが多いタイプ、一緒にイベントをやるタイプなど。多くの種類から自分に合ったパーティーを選ぶのが成功の近道です。回転寿司タイプであればルックスと条件、職業(保育士とかは人気です)に自信がある人、フリータイムタイプであれば、自分から話に行く積極性がありコミュニケーションが得意な人が有利です。

 

自分はどちらでもない・・・。という方は、イベントタイプがおすすめ。自分の興味があるジャンルのものを選べば、人見知りに人でも会話がしやすいですし、一緒に何かをするので人柄が伝わりやすいです。また、次は2人でどうですか?なんて、チャンスも作りやすいです。年齢とパーティーのタイプを軸に選ぶことで、今までよりもずっと有利に婚活を進めちゃいましょう!

参加前に知っておきたい!婚活パーティーのあれこれ

婚活パーティーで会う男女は基本的には初対面の人ばかりです。そしてパーティー内ではお相手とのコミュニケーションの手段は会話です。ですのでやはり人と話すことが好きな人、初対面でも自分をうまくアピール出来る人が婚活パーティに向いていると言えます。

 

また何人かずつのグループに分かれてテーブルに着く場合もあるので、リーダーシップのある方にも向いています。もしかしたらそのグループの中には人と話すのが苦手で、どうすれば良いのかわからずに困っている人がいるかもしれません。

 

そんな時にあなたのリーダーシップを発揮して話しやすい雰囲気づくりを心掛けてあげたり、進んで料理を取り分けてあげたりすると、他の参加者にも喜ばれますし、そんなあなたを見て素敵だなと思ってくれる人が出てくるかもしれません。つまり、婚活パーティーは社交的で自己アピールが得意で、リーダーシップのある人に向いていると言えます。

 

逆に、シャイな性格で特に初対面の相手と話すのは緊張するし苦手だ、という方には婚活パーティーには向きません。せっかくパーティーに参加しても、会話が続かなければ正直とても気まずい雰囲気になりますし、相手にも気を遣わせてしまうだけです。

 

何よりこのような人が勇気を振り絞って婚活パーティーに参加したとしても、結局無理をしているので疲れてしまい、自己嫌悪に陥ってしまうというパターンも多いです。また自分に自信が持てないという人も参加は辞めておくべきです。パーティーで自分をうまくアピール出来ずに、余計に自信をなくしてしまう可能性が高いです。

 

このような人がいくら頑張って婚活パーティーに参加したとしても、良い出会いを見つけるのは非常に難しいです。無理して婚活パーティーに参加するよりも、もっと他に自分に合う婚活の方法を考えた方が良いでしょう。

 

体験談|婚活サイトは思ったよりも真面目に活動している人が多い

年齢的に、そろそろ結婚したいと真剣に思うようになりましたが、なかなか出会いもなく、いいなと感じる人ともうまくいかないということがあったので、同僚や友人も利用している婚活サイトを利用してみました。

婚活サイトを利用してみて、意外だと思った点は、1つあります。それは、思っていたよりも、ずっと真面目に出会いを求めている人が多かったということです。正直なところ、婚活サイトに対して、すこしいかがわしいのでは? というイメージを持っていました。出会い系のような、サクラもいるのではないかと思っていました。

しかし、実際は、自分と同じような、真剣に結婚のことを考えているけど、仕事が忙しくてなかなか恋愛する時間がなかったり、そもそも出会いがない環境にいる、という人が多かったのです。そのため、なんとなく親近感も湧いたし、話してみると異性関係には不器用かもしれないけど、人柄のいい人がいました。

 

やっぱり同じ婚活サイトには、近いタイプの人が集まるのかな? なんて思いました。はじめのうちは、婚活サイトなんて、よく知らない人と出会うのは危ない、怖いという先入観を持っていましたが、思い切って利用してみてよかったと思います。

結婚相談所に入るべきかどうかを判断する基準

結婚相談所は、客観的に自分の事も見れて、相手に求める事や優先度、許せないことが冷静に分析できてその上で、それに基づきお相手を見れる、選べる方が向いていると思います。何となくイケメンが、優しい人が、価値観が合う人がとふんわりしたニーズの方は何が大事で優先度が高いのがぼやけているので、理想の方を見つけるのもむずかしくまた後から違うなと無駄にしてしまうことが多いです。

 

お金の使い方の価値観が一緒で、具体的に財布は別で夫婦の貯金は月に三万はしたいねとか、ご飯は週末は一緒に食べるのを大事にしたいとか、より細かいところでも具体的に把握されてる事が大事です。逆にこれは許せないという譲れない部分も明確にしていないと、薦める方もアンマッチな方を押してしまう場合もありますし、判断軸を強くしっかり持つことで無駄もなく、後悔のない理想の方との最短の出会いが見込めるのだと思われます。

 

 

結婚ではなく寂しいとか彼氏が欲しいとかいう結婚自体への本気度が薄い方は向いていないと思います。お相手は何なら恋愛期間はほぼなくても、合えばすぐ結婚したいとの強い目的のうえで、相手にもそれを求めると思うので何年か付き合ってしっかりしってから、いい人なら結婚に進めようとかの考え方であれば、失礼かつ合わずうまくいかないギャップが生まれてしまうと思います。

 

また自己評価が客観的ではなく甘い方や、厳しい意見や現実が受け入れられない方は難しいです。自分の年齢やそれこそ見た目、学歴や趣味や仕事などどれくらいのレベルの人になら需要があるのか、そもそもなくてどこかを妥協しなくてはならないのかを把握もしくは、言われた時に受け入れられる事ができないと、ずっと進まず無い物ねだりで出会いまで結びつかないと思いますので、まずどこに受け入れられる需要があるのかを受け止める事ができるかが最も辛くはありますが、導入として大事だと思います。

30代はまず出会える場所を定めよう!

30代だと恋人になっても結婚してくれるか分からない人とずるずる付き合えば、大分婚活に支障が出ます。なのでまず出会う場所をしっかり定めないといけません。私は結婚相談所を利用するのが良いと思います。
まず結婚をするのが目的の方ばかりが集まっているので、結婚したくない人がその場にいません。街中でかっこいい人がいるから声をかけたり、ナンパしてももしかしたら相手には恋人がいるかもしれないし、見た目しか知らないわけでどんな趣味、性格の方かは分かりません。

 

そのため価値観の相違が起こりやすいです。その点結婚相談所は基本情報を打ち込んで、双方が見られるようになっているため、同じ趣味や好みを持つ人が見つけやすい気がします。そしてしっかりと情報登録して運営会社が身元を保証してくれている相手なので、安心感が違います。

 

結婚相談所というと、がっついているみたいで登録するのが恥ずかしいと感じる女性が多いですが、結婚したいと思っている人間の数が多く、ある程度の相手の基本情報を見ることが出来るのて、効率よく探せると思います。街中で理想の人に自然に出会えるはずと受け身の体勢でいれば一生結婚出来ないかもしれません。なので一歩踏み出すことが大事だと思います。

細かい男はモテない

金銭感覚がきちんとしている男性は好ましいものですが、あまりに細かいとちょっと引いてしまいます・・・。例えば、割り勘で食事をしているときなどに、10円、1円まできちんと割り勘にするタイプの男性です。

 

100円や500円くらい、どちらが多めに払おうと構わないと私は思うのですが、そんなところまで細かく分けようとするって・・・わずかな損でも許せないタイプの人なのかな、だとしたらちょっと料簡が狭いな、と思ってしまいます。

 

本人は何事も男女平等にしたいというだけでそういうことをするのかもしれませんが、異常なくらいに金銭に細かいと、もしかして生活のほかの部分まで同じような感じなのかもしれない、と思ってぞっとします。
もしかして金銭以外のことには緩やかなのかもしれませんが、そういうところを連想させるところがもうダメです。

 

生活の隅々、例えば掃除や洗濯などの家事のやり方にまでいちいち口をだしてくるのではないかとか、神経質そうな性格を連想してしまい、「この人なしかも」と思ってしまいます。なので、金銭に異常に細かい男性は結婚相手としてはなし!です。「今回は奢ってくれたから、この後のお茶は私が払います」などという感じの会話が、自然に成立するような男性がいいです。

友人から聞いた婚活について婚活未経験の私が感じたこと

私自身は婚活の経験がなく、友人から聞いた婚活2種類を記したいと思います。

 

まずは普通に男性、女性それぞれ5人くらいの席で一見合コンと似たような感じですが、婚活となると結婚の本気度が違うでしょうから、ちょっと話してみて気が合いそうと思えば連絡先を交換します。

 

ただ、連絡交換をして後に2人きりで会った場合に、やはりこの人は何か違う、と感じたらそこで連絡を絶つ、言い方を変えてしまえば切り捨てて行くという事です。

 

聞いた時は若干怖い婚活の世界だと、1回会っただけでこの相手とは恋愛の末結婚出来ないと分かるのか、と疑問に思う所です。連絡手段としてメール、そしてLINE、LINEは特に相手からメッセージが届かないよう、簡単にブロックが出来るので別の男性友人に聞いた話だと、直ぐブロックされると悲痛な胸の内を語っています。一生を共にするパートナーを見つけるまでは残酷な現実、心を鬼にするのも必要かもしれないです。

 

そしてもう1つの婚活ですが、お散歩、だそうです。聞いた瞬間怪しげなイメージしかありませんでしたが、これまた男女それぞれ5~6人づつで自由に1時間ほど街を歩くのです。1つの部屋に密集していないので、ある意味自由な空間で男女の仲を深めるという作戦なのかなと考えますが、その友人はある男性に尾行されたと語っています。

 

自由なので同性同士で話しても全く問題無しなので、そこは本人次第だが、特に気になっていない男性から結婚に対する価値観や未来創造を質問され困った、の一言です。婚活といっても、結婚したい気持ちは一緒だけどそれぞれ好み、条件は本当に異なります。話し掛けてくれるのは有り難いけど、条件に合わない人に後ろからどんどん付いて来られたら正直怖い、とも言っています。

 

婚活に限らず尾行されるのは怖いものだけど、気持ちばかり早まるのではなく、許容範囲で異性と接するの事も大切だと感じます。第一印象が良ければ、もし条件に合わないと思っていても会う内に気持ちが変わるかもしれないし、人間はそういうものです。1日の婚活だから相手を邪険にしても良いと、もし考えるならばそれは違います。

 

婚活に励んでいる方々は、1つの婚活サイトに執着する訳ではなく、多数のサイトから出会いを求めているのです。1回1万円以下で参加出来るなら尚更、続けていればまたどこかで会う可能性も100%無いとは言えないです。なのでよっぽど怖い異性ならともかく、絶対嫌だと最初から決めつけている心を取り払い条件を広める、自分の視野を広げる、それが出来たら成功への第一歩だと思います。

 

結婚したからといって絶対的に幸せになれるとは限らないが、熱心に婚活に励んでいる今だからこそ、譲れない条件を緩める必要性があるのではないかと感じています。

婚活で出会って結婚した人の特徴

婚活をしたいと婚活会社に登録する方が最近増えてきています。そんな方の中でも早くにパートナーと出会って結婚に至った人の共通点をご紹介します。

 

1、外面を意識してみる
出会ったときの第一印象はとても大事です。紹介してもらい会う時のメイクや服装を清潔感あるものにしたり、そのために研究したり、笑顔を意識しています。ある婚活会社の人に言わせると、自分が好きな服は男性が好まない場合があるようなので、男性が好むアナウンサー的な服かアイドル的な服を着るといいですとのことでした。

 

2、切り替える方法がある
婚活会社だといつもいつも会う人がokをしてくれるわけではありません。初めて会って話も弾んでいたのに相手からNoと言われることもあります。逆にとてもいい人だったのにこちらからお断りをすることもあるでしょう。何度かそれが続くと「本当に出会えるのかな」と不安になることもあるでしょう。だからこそ気持ちの切り替えをする方法を知っておくとよいです。話をきいてくれる友達がいたり、落ち込まないようたくさんの人と一気に出会うようにスケジュールを組んだり、婚活ばかりにならずに趣味の時間も適度に持つなどです。

 

3、絶対出会うと信じる
信じるものは救われるではないですが、地球上にはたくさんの男と女がいるので絶対に赤い糸の相手かいるはずです。と思い、絶対にいつか出会えると思っている人、また出会う期限が明確な人はそれに向けてお見合いという行動をするので必ず出会います。

以上3点の共通点がある人は出会って結婚に至っていると感じます。